株式会社ブライト

東京都知事許可(般-25)第140011号

TEL:03-6904-4558

FAX:03-6904-4559

お問い合わせ

防水工事について

防水工事について

防水工事について

防水工事は種類がたくさんあり、大きく分けると以下の通りになります。
  • ウレタン塗膜防水
  • アスファルト防水
  • 塩ビシート防水
  • ゴムシート防水
  • FRP防水

新築では予算などに応じてどの種類で施工するのかを決めることが多いですが、修繕工事や改修工事の場合は、既存の防水・下地の状況などの状態を考慮して、既存の建物の防水状況との相性を確認してから決定することが多いです。

既存防水との相性、下地、材料との相性を、プロが判断し考慮して決める必要があります。
改修工事がメインで行っている当社では現状に応じて最適な種類・工法プランをお勧めできます。

劣化した防水を放置してしまうと、下の階への水漏れはもちろんですが、コンクリートには経年でクラックという、ひび割れが必ずできてきます。
それらのクラックを伝って、コンクリート内部に水が浸入し、コンクリート・鉄筋・材料などをどんどん浸食していき、建物寿命が速いスピードで経過し、建物自体の寿命を縮めます。

特に、マンション等は、ひび割れや、打継(建設時のコンクリートのつなぎ目の層)内部への漏水でコンクリート内の鉄筋がサビ、手でも崩れるくらいボロボロに劣化します。

定期的な防水改修を行い、建物全体の天敵である水漏れを防ぎます。

防水工事は種類がたくさんあり、大きく分けると以下の通りになります。
  • ウレタン塗膜防水
  • アスファルト防水
  • 塩ビシート防水
  • ゴムシート防水

新築では予算などに応じてどの種類で施工するのかを決めることが多いですが、修繕工事や改修工事の場合は、既存の防水・下地の状況などの状態を考慮して、既存の建物の防水状況との相性を確認してから決定することが多いです。

既存防水との相性、下地、材料との相性を、プロが判断し考慮して決める必要があります。
改修工事がメインで行っている当社では現状に応じて最適な種類・工法プランをお勧めできます。

劣化した防水を放置してしまうと、下の階への水漏れはもちろんですが、コンクリートには経年でクラックという、ひび割れが必ずできてきます。
それらのクラックを伝って、コンクリート内部に水が浸入し、コンクリート・鉄筋・材料などをどんどん浸食していき、建物寿命が速いスピードで経過し、建物自体の寿命を縮めます。

特に、マンション等は、ひび割れや、打継(建設時のコンクリートのつなぎ目の層)内部への漏水でコンクリート内の鉄筋がサビ、手でも崩れるくらいボロボロに劣化します。

定期的な防水改修を行い、建物全体の天敵である水漏れを防ぎます。

求人・協力会社募集

求人・協力会社募集

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください

PAGE TOP