株式会社ブライト

東京都知事許可(般-25)第140011号

TEL:03-6904-4558

FAX:03-6904-4559

お問い合わせ

塩ビシート防水の流れ

塩ビシート防水の流れ

塩ビシート防水の流れ

下記に紹介している塩ビシート防水は、絶縁工法と言って密着させずに空気の通り道を残して施工します。
塩ビシートは見た目は綺麗で仕上げのTOPコートなどは不要ですが、他の防水と比べてコストが高くなります。

躯体コンクリートなどに過去に染み込んでいた水分が、下地のコンクリートのひび割れを通して屋上に上がり蒸発した水分が、防水材を浮かせてしまい、防水の膨らみの原因、防水の劣化をなくすために、蒸気を逃がす工法を採用し脱気筒を付けて施工します。
雨が漏れない事は当然とし、下地からの蒸気問題などあらゆる状態を想定して適切な施工をいたします。

  • 建物の状態により、施工方法が変わります。下記施工方法はあくまでも一例となります。
STEP.1 着工前
着工前の状態を確認します。
STEP.2 高圧洗浄
水を高圧で噴出し、長年溜まった汚れ・ホコリ・ゴミを洗浄していきます。
STEP.3 既存防水層撤去
立上りは密着させるため、既存の防水層を撤去します。
STEP.4 クロス
防水の前にクロスを敷いていきます。
STEP.5 ディスク
防水シートを固定させる為のディスクを取り付けます。
STEP.6 塩ビシートの敷き込み
塩ビシートを敷き込みます。
STEP.7 立上りにボンド
立上りにボンドを付け密着させます。
STEP.8 熱溶着
シートとシートのジョイントを熱溶着していきます。
STEP.9 機械固定
ディスクと塩ビシートを機械固定します。
STEP.10 シール処理
シートのジョイントをすべてシール処理していきます。
STEP.11 完了
塩ビシート防水改修完了

求人・協力会社募集

求人・協力会社募集

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください

PAGE TOP