株式会社ブライト

東京都知事許可(般-25)第140011号

TEL:03-6904-4558

FAX:03-6904-4559

お問い合わせ

アスファルト防水の流れ

アスファルト防水の流れ

アスファルト防水の流れ

下記に紹介している改修アスファルト防水は、絶縁工法と言って密着させずに空気の通り道を残して施工します。

躯体コンクリートなどに過去に染み込んでいた水分が、下地のコンクリートのひび割れを通して屋上に上がり蒸発した水分が、防水材を浮かせてしまい、防水の膨らみの原因、防水の劣化をなくすために、蒸気を逃がす工法を採用し脱気筒を付けて施工します。

雨が漏れない事は当然で下地からの蒸気問題などあらゆる状態を想定して適切な施工をいたします。

  • 建物の状態により、施工方法が変わります。下記施工方法はあくまでも一例となります。
STEP.1 着工前
着工前の状態を確認します。
STEP.2 既存防水層撤去
古い防水を撤去します。
STEP.3 雨溜まり補修(不陸調整)
勾配が悪い為に雨水が溜まる状況を改善します。
STEP.4 下地処理
既存シート撤去後の下地の補修と既存との縁を切るための処理をします。
STEP.5 プライマー塗布
下地と防水材を接着する為のボンドを塗ります。
STEP.6 増し張り状況
もしもの為に下にもう一層増し張りします。角・コーナー等の補強をします。
STEP.7 改修用のドレン取り付け
改修用のドレンの新設をします。水の集まる一番大事な部分の施工になります。
STEP.8 カスタムサンドF張り
アスファルト系の防水シートを施工します。
STEP.9 防水シート施工完了
防水シート施工完了
STEP.10 トップコート塗布完了
防水材の保護・色を付けて仕上げになります。

求人・協力会社募集

求人・協力会社募集

お問い合わせはこちら

お気軽にお問合せください

PAGE TOP